吃音本の知恵

吃音本の知恵

吃音本の知恵

近頃、知り合いに吃音の子供がいる友人がおり、今後のことが心配だから、インターネットで検索してみると、吃音本の知恵について悩まれている方が多い。他にも就職活動や子供のどもり・・・などそのような悩みに深刻に悩まれている方が多いようです。

しかしながら、吃音本の知恵について悩む前に、最近ではいろんな解決法、情報があるということを知っていただければと思います。例えば、以下のような実経験に沿った手法など参考にされてはいかかでしょうか?

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック

●子持ちの吃音者の方へ。 うちの子は4月から幼稚園です。 母親の私は吃音で苦しん....
子持ちの吃音者の方へ。 うちの子は4月から幼稚園です。 母親の私は吃音で苦しんでいます。 これから幼稚園、小学校、中学校・・・と自分の不安でいっぱいです。子供が休む時の連絡や、連絡網、親の付き合い、 子供がからかわれないか、子供が気付いた時どう思うのか・・・ 入園面接の時はあえて言わなかったので、 入園後、幼稚園側がどう対応してくれるのかとても心配です。 吃音の先輩ママの経験談、アドバイスなど頂けると嬉しいです。
続き

吃音解消の滑舌練習法とは

吃音本の知恵

滑舌が悪くて悩んでいる方って結構多いんですよね。

どうしても早口になってしまったり、何度も噛んでしまったり、言葉が出てくるまでに時間が掛かってしまい、「えー」「あー」と言葉の最初に出てしまったり。

そういった事は言葉の「癖」なので個性だと受け止めてしまえばいいのですが、気にしてる本人からすれば、「嫌な物は嫌」ですよね。

方言だって、可愛いって思う人もいれば、矯正したいほど恥ずかしいと感じる方もいますから。

みんながみんな同じでなくてもいいのはもちろんですが、価値観もまた人それぞれでいいのだと思います。

とはいえ、滑舌をよくする方法は調べても色々あり過ぎて迷ってしまいますよね?

どれが1番だとはいえませんが、発音練習は比較的よく改善効果があらわれていると耳にします。
繰り返しやらなければ意味はありませんが、滑舌練習としては、誰でも手軽にできるので、最適ではないでしょうか。

練習法の1つに、

あめんぼあかいなあいうえお
かきのきくりのきかきくけこ
ささげにすをかけさしすせそ
たちましょらっぱでたちつてと
なめくじのろのろなにぬねの
はとぽっぽほろほろはひふへほ
まいまいねじまきまみむめも
やきぐりゆでぐりやいゆえよ
らいちょうさむかろらりるれろ
わいわいわっしょいわいうえを

という舞台役者さんがよく使う歌での発声があります。
この発声練習を口の開け方や、発声の速度に注意しながらやると効果的です。

この他にも練習法は色々ありますが、自分に合っていると感じたら、是非トライしてみてください。

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック